FC2ブログ
海釣り
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
平らなからだで、色のついた、上の面と、下になる白い面をもり、上の面にふたつとも目がある、独特な形をしている魚。その目は腹を下にしたときに右側になる魚といったら?そう、カレイです。

からだを海底にぴったりとつけ、からだの色を回りの色に似せる習性があります。砂をかぶり、目だけを出して、えさをじっとまっていることもあります。実は、カレイは、生まれたときにはほかの魚と同様に目はからだの両側についているのですが、成長すると片側によってしまい、からだを横にするようになるのです。これは砂のなかにもぐっているの適したからだのつくりといえるでしょう。カレイのすみかは、砂とどろが混じった湾などです。海底にじゃりや海草があるまわりや、カケアガリ(岸へ向かって、海底が坂のようになったところ。投げ釣りの絶好の狙い場となります)になっているところにいます。
マコガレイやイシガレイなどがつれる、波の静かな湾内には、ゴカイなどもえさがたくさんいます。したがってカレイつりのえさとしても、ゴカイが一番でしょう。

マコガレイ、イシガレイが一般的ですが、北日本ではマガレイなどの大型のカレイが釣れます。カレイは、北の魚で、ほかの魚と違って、水が冷たいほど元気です。基本的に冬がつりの時期となります。
関東では、12月ごろからマガレイがつれ始めます。1月になると、イシガレイが海岸浅いところにえさを探しにあがってきます。ふつう4月ごろまでつれます。


スポンサーサイト
01/16|海釣り情報 魚別の釣り方||TOP↑
お気に入りに追加!
海釣り情報 メニュー
新着コンテンツ
クリックお願いします
タグ
  • seo
リンク
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。