FC2ブログ
海釣り
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
海釣りをする際には、多少なりとも海のことを知っている必要があります。「黒潮」や「親潮」の流れについてはもちろんのこと、潮のあげ、さげ、といった流れについての知識がないことには、満足な成果を期待することはできません。
海岸での投げ釣りでは、潮のあげ、さげが影響することが多く、ふつう、あげ潮のときに、魚は岸に近づき、さげ潮のときには逆に岸から離れてしまうからです。また、潮が動いているときに、魚はよくえさに食いつくともいわれます。

とはいえ・・・「大潮(おおしお)」「小潮(こしお)」また、その前後の「中潮(なかしお)」、「あげ潮」「さげ潮」・・・など、釣り用語には、わたしたちが普段あまり耳にしない言葉がたくさんあります。

いくつか基本的な海の用語について説明しましょう:

●赤潮(あかしお)・・・プランクトンが急に増えて、それらが死ぬために、死がいで海が赤くなることをいいます。こうなってしまうと、魚や貝までが死ぬこともあり、もはや釣りどころではなくなります。

●上げ潮・下げ潮・・・潮がいちばんひいた状態からだんだんと増えてくることを「上げ」または「上げ潮」といいます。逆に、引き潮のことを「下げ潮」といいます。

●「大潮(おおしお)」・・・満潮と干潮の潮のいちばん動きが大きい潮のことで、投げ釣りに最適といわれます。大潮のときには、湾の置くなどでよくつれるといいます。また、大潮の前後の「中潮(なかしお)」のときに、一番良くつれるというのは、海釣りの常識です。

スポンサーサイト
07/05|海釣り情報 全般||TOP↑
お気に入りに追加!
海釣り情報 メニュー
新着コンテンツ
クリックお願いします
タグ
  • seo
リンク
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。