FC2ブログ
海釣り
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
海釣りには、魚によって釣りシーズンがあります。
北日本では春から秋にかけて、また、関東から西の暖かい海岸では晩秋から春までが、アイナメ釣りの旬となります。
アイナメは、北の比較的水温の低いところに住み、潮通しが良い、岩場や防波堤の周りなど、からだを隠すことのできる場所でじっとえさを待っている魚です。アイナメの投げ釣りについては、波の静かなところの場合、波の荒いところで釣る場合、および防波堤で釣る場合、と多少、道具を選択するとよいです。

内海、湾内でのアイナメ釣り
アイナメは、北日本では外洋に面した岩場でつれますが、南日本では、川からの水が流れ込む河口付近や、大きな湾内など、比較的塩分が少ないところで釣ります。
内海や湾の波の静かなところでアイナメを投げ釣りする場合には、サオは、3.8~4.2メートルくらいの長さのものが適当です。キスを釣る際に使われるような硬いサオではなく、少し柔らかめのサオがお勧めです。サオが硬いと、アイナメがえさを食いこまなくなります。

アイナメの投げ釣りでは、ポイントも近く、魚の食いこみも考えて、サオに書いてあるメーカーのオモリ負荷が、20号前後の投げザオが良いとされます。
リールは、まずは、スプリング・リールのあまり重くないもの(中型以上)からはじめ、使い慣れたら、大型の速いリールを使うようにするとよいでしょう。

そのほか・・・アイナメは、そんなにつれる魚ではありませんから、置きザオにするとよいでしょう。


スポンサーサイト
11/20|海釣り情報 アイナメ(アブラメ)の釣り方||TOP↑
お気に入りに追加!
海釣り情報 メニュー
新着コンテンツ
クリックお願いします
タグ
  • seo
リンク
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。