FC2ブログ
海釣り
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
魚釣りのもうひとつの楽しみとして、「魚拓(ぎょたく)」がありますよね。
海釣りデビューをしてある程度慣れたら、ご自身で魚拓を作ってみられてはいかがでしょう。
魚拓のとり方を簡単にご説明します。
1.魚の体に食塩をまぶします。
2.頭のほうから手のひらでこすります。
3.背びれに食塩をまぶし、付け根から先へこすります。しりびれについても同様にします。
*パレットのなかに中性洗剤を溶いて、魚を30分ほどおいても良いです。
*魚を安定させるための工夫としては、週刊誌を魚の形、大きさに切るという方法があります。

直接法での取り方
直接法では、魚拓と本物の魚とは反対にうつることになります。
1.真上から見える部分に墨を塗ります。
2.ひれの部分は濃く塗って、強調するとよい仕上がりになります。
3.墨を塗り終わったら、安定台(*)用にしつらえた週刊誌にあてます。
4.魚拓を取る紙は、裏か外側を上にして、霧吹きで湿らせておきます。
5.紙を魚にあて、頭から尾へかけて、布を使ってこすります。このとき、ひれや頭は、手のひらで押さえておきます。
6.墨で目を描きます。
7.魚の大きさと釣った年月日、および釣り場などの情報を書き込みます。

*魚の長さのあらわしかた
・全長・・・吻端(ふんたん・・・くちびるの先)から尾びれの端までの長さ。
・叉長(さちょう)・・・吻端から尾びれの叉状(さじょう)までの長さ。
・体長・・・吻端から脊椎の後端までの長さ。
・頭長・・・吻端からえらぶたの後端までの長さ。
・体高・・・魚体の一番高いところまでの長さ。


11/29|海釣り情報 全般||TOP↑
お気に入りに追加!
海釣り情報 メニュー
新着コンテンツ
クリックお願いします
タグ
  • seo
リンク
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。