FC2ブログ
海釣り
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
イチモチは、ずんぐりとしたからだつきで、白い銀色をしています。うろこがはがれやすく、三角形の尾びれをしています。

関東では「イチモチ」と呼ばれますが、中部から関西にかけては「グチ」という名前で知られています。また、四国の松山では「ニベ」と呼ばれることもあります。イチモチは、ニベ科ではありますが、ニベとは違い、ニベよりも小さめで、からだの色も少し異なります。
イチモチも、ニベも釣り上げてから「グウグウ」と騒ぎ、音を立てます。

イチモチは、大きなからだをしているわりには、非常に臆病で、あまり泳ぎが得意な魚ではないことから、昼間は砂やどろが混じっている深い海にじっとしています。浅いところにあがってくるのは、夜か、海がにごっているときです。夜になると、群れをつくって海岸近くにえさを食べにきます。また、日中でも、海がにごっているときには、小さな群れで行動します。

イチモチは、寒いのが嫌いな魚で、夏の魚といえるでしょうが、地方によっては年中釣れます。5~6月の春の海と、10~11月の秋の海が、イチモチにとっては活発な時期のようです。この時期の海釣りでは、是非、狙ってみてはどうでしょう。
6~7月の梅雨時には、子持ちの、「美形(形の良いもの)」が釣れます。この時期は数も多く狙える、旬といえます。

暑過ぎる季節も苦手なのか、8月はお休みです。
9月になるとまた、数が出始めます。イチモチ釣りは、静かな凪の日がよく、台風などで海が荒れているときはお休みです。
台風の季節が過ぎ、11月ごろまでは、大型のものを狙えます。


10/12|海釣り情報 魚別の釣り方||TOP↑
お気に入りに追加!
海釣り情報 メニュー
新着コンテンツ
クリックお願いします
タグ
  • seo
リンク
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。