FC2ブログ
海釣り
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
口が大きく、するどい歯が自慢のカマス。ほっそりとしたからだつきで、とんがった口先、ちょっぴり受け口のカマスは、関東から南の岩と砂のある、水深25メートル以内の浅い海にいる魚です。通常、船づりで釣る魚ですが、投げ釣りでも狙うことができます。ミチイトをぴーんと張って、グググっとサオをたて、リールを巻いてはサオを出す・・・なかなか緊張感のある、投げ釣りが楽しめる魚です。

夏になると、15センチから20センチ程度の大きさになり、群れで岸近くを泳ぎまわります。イワシなどのほかの魚を追って食べます。

釣りのポイントは、沖に出た防波堤や、高磯などの潮通しの良いところ(潮が良く流れているところを「潮通しが良い」といいます)です。群れの動きを見
ながらの海釣りは、なかなか乙です。早朝と夕方の「マズメどき」(夜明けごろと、日が暮れることをマズメといいます。朝マズメ、夕マズメといい、いちばんの釣り時です)が、カマス釣りの勝負ときといえるでしょう。

釣り方は、投げ釣りの場合、3.6メートル以上の投げザオに、中型以上の力のあるスピニング・リールを使います。釣り方はいたって簡単で、群れの動きを見極め、群れの沖めにしかけを投げます。オモリを底につけないようにさおでギジしかけをサビキながら引いていきます。

カマスの肉は、白身でたんぱくです。生のまま刺身にするには、少々、水っぽいため、干物か、塩焼き、あるいはから揚げにするとおいしく召し上がれます。


09/07|海釣り情報 魚別の釣り方||TOP↑
お気に入りに追加!
海釣り情報 メニュー
新着コンテンツ
クリックお願いします
タグ
  • seo
リンク
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。