FC2ブログ
海釣り
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
クロダイは、マダイの仲間で、からだつきもマダイによく似ています。「クロダイ」という名前のとおり、からだは黒い色をしています。ひれが大きいので、泳ぎが得意ですばやい動きをします。大きさは、大きいもので約50センチ、重さは4キログラムにまでなります。
関東では、クロダイ。関西では、チヌと呼ばれます。九州では、チンと呼ばれますが、成長によって名前が変わり、1才で「チンチン」、2才になると「カイズ」になります。小さいときにはからだに、数本のはっきりとしたシマがありますが、成長するとだんだん薄くなります。

クロダイは、北海道の南部から九州、さらには沖縄まで全国の海でつれます。磯や湾内、河口など、季節によってすみかを変えます。
警戒心が強く、音やにおいにも敏感な魚です。昼間は警戒して岸に近づきませんが、夜になると行動が大胆になります。そのため、昼間は無理ですが、夕方から夜になると、河口付近で、堤防でも夕方つれます。夜ならば、砂浜でもつれることがあります。

クロダイのつり時期は、春から秋にかけてです。夏からは、投げ釣りも始まります。クロダイの海釣りは、夏は場所が限られますし、夕方から夜にねらうことになりますが、秋になれば、どこからでも投げ釣りで狙えます。朝早くと夕方に釣るのが一般的ですが、昼間でも、潮通しのよい磯のまわりなら良いでしょう。

クロダイは、生命力が旺盛な魚で、なんでも食べます。海岸のごみ捨て場や、川から流れてくるものなども食べてしまいます。ただし、えさは何でもいいわけではなく、季節や釣り場によって、いちばん食べているものを選らぶようにします。


09/25|海釣り情報 魚別の釣り方||TOP↑
お気に入りに追加!
海釣り情報 メニュー
新着コンテンツ
クリックお願いします
タグ
  • seo
リンク
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。